模試を受けるべきか?

宅建試験当日は・・・
受験票を忘れない!試験会場を間違えない!遅刻しない!

※会場の変更がないか、受験票などを今一度チェックしておきましょう

登録実務講習についての注意事項
いざ登録実務講習を受けようとしても、各日程が埋まってしまっていることがある。
早めに各学校の日程だけでも確認して、満席になる前に申込を済ましておくことをオススメする。

登録講習(5点免除)について
 

模試は受けたほうがいい?

学校で講座を受けてる人も独学の人も
勉強を進めていったら、気になるのが自分の実力だ。
そこで確認も兼ねて、受けるべきなのが“模試”である。

 

もちろん受けたほうがいい!と声を大にして言いたいところだが、
気を付けなけばいけないこともあるのでお伝えしておこう。

 

受けたほうがいいワケ!

当たり前のことだが、模試を受けることによって自分のレベルを把握できるので、
その点数によっては、学習の進め方を改善するなどの調整できる上、
苦手な分野がどこかも分かるので、それ以降の戦略を練りやすくなる。

 

またそこで点数が取れていたら、自信にもつながり、勉強の意欲が高まるはずである。
ただ、そこで調子に乗りすぎてはいけない(汗)

 

受けないほうがいいのはこんな人!

自分の実力が点数に表れるので、時にはヘコんでしまうような結果になる時もある。
それで極端にやる気や自信を失ってしまうような人は、むしろ模試は受けないほうがいいかもしれない。

 

他に挙げるとすれば、
勉強を始めたばかりで知識が十分でない状態ならば、模試は受けない方がいいかもしれない。
というのも正しい実力が判断できないからである。

 

ところが、全く分からない問題だらけの中ではカンで答えることになるため、
逆に言えば、“運”という実力を知れるチャンスとしては活かせるのではないだろうか。

 

宅建バウアーは模試受けたの?

私は模試を受けたのだが、結果としては悲惨な点数だったことも何度かあった。。。

 

しかし、そのせいもあってか、焦って集中して勉強するようになったので
火を付けてくれる存在としては良かったのかもしれない。

 

そういう意味でも、模試を受けてみる価値はある。

スポンサーリンク