部署によって宅建の立ち位置が変わる!

特集記事!

登録実務講習についての注意事項
いざ登録実務講習を受けようとしても、各日程が埋まってしまっていることがある。
早めに各学校の日程だけでも確認して、満席になる前に申込を済ましておくことをオススメする。

 

部署によってアピールの仕方が変わってくる?

不動産業界に転職するにあたって宅建の位置づけはどうなのか?
これについて考えていこう!

 

まず押さえておきたいのが
「不動産業界だからといって、どこでも宅建が通用するわけではない!」
ということだ。

 

普通に考えてみてほしい。

 

不動産会社といっても
営業もいれば、建築・設計、経理、法務、総務など
様々な部署がある。

 

つまり業界関係なく、
会社というものは大体そういうものなのだ。

 

そうなると、
部署によっては、宅建よりも別の資格を持っていた方が
評価されることも十分考えられるわけだ。

 

そんな中で宅建を活かすとなると
できるだけ宅建業務に直結している部署の方が
評価につながりやすいというのは言うまでもない。

 

これを踏まえると、
不動産系の会社であれば、営業職が最適だと考えられる。
当然、宅建そのものを大々的にアピールしてもいい。
そこに実績が加わっていれば、なおさら魅力的だといえる。

 

もちろん宅建では建築基準法などについて学ぶことから
建築や設計部門も活かせる部分も確かにあるが、
その場合はやはり建築士の免許の方が強いであろう。
となると、宅建を全面的にアピールする方法はフィットしにくい。

 

あるいは仮に、
あなたが不動産会社で経理や総務の仕事に就きたいのであれば、
「宅建」そのものをアピールするのではなく、
新卒で宅建は活かせるかについて触れたように
“勉強熱心さ”や“自己管理力”を伝えることが大切である。

 

このように、不動産業界とはいっても、
宅建一つをアピールするにも工夫が必要である。
そこはうまく対処したいところだ。

 

ただ、
私の肌感覚ではあるが、
仕事内容や部署を問わず、
不動産会社で働きたい人が不動産系の資格を持っていることは
人事側からしても決して悪い気はしないはずである。
むしろ前向きな評価もありえると思っている。

 

というわけで、
宅建の立ち位置は決して悪くはないのだが、
何よりも会社が求めている人材であることが第一である。

 

資格に対する印象は、相手(会社)によって色合いが変わるので、
相手へのアピールの仕方も、改めて吟味した方が良さそうだ。

 

スポンサーリンク

部署によって宅建の立ち位置が変わる!▼要チェック情報!▼

宅建は就職の武器になるか?
宅建は就職の武器になるかどうか考えていきましょう。資格がないより、あった方がいいとは思うが、資格を持ってなくても、知識さえあればいけるのか?
新卒の就職活動と宅建!
新卒で就職活動するなら、この方法で宅建をアピールするのがいいかもしれません。
面接での宅建アピール方法・新卒編
新卒の就活で、宅建をアピールする方法を考えてみました。面接でよく聞かれる質問にいかにうまく対処するか、具体的な回答例を挙げてたので目を通しておきましょう!
転職で有効に宅建をアピールするポイント
転職では、新卒での就職活動とは宅建のアピールの仕方が変わってきます。また会社の求める人材や業務を見極めて、宅建を有効にアピールする必要があります。